不動産会社では珍しいシステム管理体制が生むスピードとサポート力

スピードとサポート力

不動産業界でも最大級の店舗数・契約件数・賃貸管理戸数を誇るアパマン。大村浩次が創業した当初は企業向けにWEBやクラウドサービスを提供する会社でした。そのIT技術を生かし、不動産業界の不動産業界を発展させることを考えてきたようです。それは、賃貸物件を探すユーザーにどんなメリットをもたらしたのでしょうか?

 

 

・ITシステムから始まったアパマンの躍進

 

大村浩次は正確な情報開示のもとにお部屋探しをサポートしていくことが大切だと考えていたようです。引っ越しを考えたとき、室内についてはもちろんのこと、外観や周辺の施設などできるだけ多くの情報を知ることができれば物件選びもスムーズなります。しかし提供する情報があいまいであったり間違っていては意味がありません。そこでアパマンではフランチャイズ加盟店を増やし、そこから得られる情報で共有するデータベースを作り上げました。地域に密着したフランチャイズオーナーならではの情報が、データの充実と正確性をあげてくれました。開発には100名以上の組織体制を組むという、不動産業界では異例の規模でITシステムに力を入れてきたことで、遠くの引っ越し先の情報も素早く知ることができる体制を整えることができたのです。

 

 

・インターネット上から集客する

 

アパマンが手掛けるITを駆使したサービスに反響サービスがあります。学生向け・法人向けといった特徴や地域などによって分類されたWebサイトを運営しているのですが、その数はなんと約900。大がかりな組織体制は細やかなユーザーの希望に沿うように、特徴ごとに細かく分けたサイトを作ることで要望にも応えやすく、集客力アップにもつながっているのです。データの共有と、集客力へのアクションで、フランチャイズ加盟店の生産性も向上しました。現地に行って自分の足で不動産屋をまわったり、本などの限られた情報から物件探しをしていた時代から、ニーズに合わせて、ユーザー自身が自宅にいながら調べることができるシステムを作り上げ実現させたことは、IT技術を生かし不動産業界を発展させたいと強く考えていた、大村浩次の信念のあらわれなのかもしれません。

 

 

・IT技術を高め続けてサービスの向上を図る

 

全国各地からの情報をまとめ作り上げたデータベースは、さらなるサービス向上にも役立ちました。買い物に行くと、接客してくれるスタッフが会話をもとに好みと思われる商品を探してくれたり、それに合わせた関連アイテムなどを提案してくれることもあります。最初は買う予定がなくても、その提案が気に入れば購入することもあるでしょう。この仕組みをネットに取り入れたのがレコメンド機能と呼ばれるものです。通販サイトなどで検索している時におすすめといった形でいろいろな商品が表示された経験がある人もいるでしょう。アパマンでは賃貸検索サイトにこの機能を取り入れ、閲覧してきた部屋の情報からおすすめの部屋を表示できるようにしました。自分一人での検索では見つけられなかった物件が、ふと見つかることもあり、ユーザーにとってはとても便利な機能といえます。大がかりなシステムを作り上げた後もさらに技術力を高め、使いやすいサービスの提供を心がけているようです。

 

正確な情報は利用するユーザーに安心感を与えスムーズな物件探しに役立っています。インターネットを使用した物件探しは大幅な時間短縮につながりました。アパマンはこれからもITシステムを駆使し、情報量と利用しやすさでユーザーの物件探しをサポートし続けでくれるのではないでしょうか。

更新履歴