ITを活用した派生サービス

ITを活用した派生サービス

初めてアパートやマンションを借りるとき、不安に思うことは数多くあるのではないでしょうか?水回りや電気など生活設備のトラブルや、鍵の紛失など気にし始めたらきりがありません。アパマンはそういった心配ごとや悩みに先回りしてサポートする仕組みを整えていました。

 

・便利になっても変わらない悩み

 

インターネットが普及していない頃の賃貸物件探しは、とにかく自分の足で不動産屋に行くか本などで紹介されている情報が頼りでした。アパマンの社長である大村浩次は不動産業界にITの技術を取り入れることにより、インターネットでの物件探しをはじめ様々なサービスがスピーディーに受けられる仕組みを作っていったのです。

 

最初の頃はホームページに掲載されている物件も少なく、店舗に足を運ぶ人が多かったのではないでしょうか。しかし今では豊富な物件情報がホームページ上にあるため、スマートフォンやタブレットなどからも簡単に得られるようになりました。自分の希望条件に合わせて検索できるなどサイトの環境も整っているので、初めてでも物件探しがスムーズにできるようになったといえるかもしれません。しかし、実際良い物件を見つけても、契約するうえでの悩みや、生活するうえでの心配ごとは現代でも変わらずにあります。アパマンショップではそういった細やかな悩みに対処していくためのサービスも提供しているようです。

 

 

・契約から日常生活にいたるまで様々なサポートを実現

 

アパートやマンションを借りるとき必ず必要になってくるのが連帯保証人です。連帯保証人は借主が何らかの事情で家賃が払えない場合などに、借主に代わって家賃を支払う義務がある人のことを言います。連帯保証人は大前提として支払い能力のある人でなくてはなりません。しかし、金銭に関する責任を負わなくてはならない立場上、気軽に誰にでもお願いできるものではないでしょう。そのため必然的に親や親族といった肉親が連帯保証人となるケースが多いのです。けれども親が高齢で支払い能力を認めてもらえない場合や、親族なども近くにいないときなどは部屋を借りることが難しくなってきます。そんな悩みを解決するために、不動産業界では連帯保証人不要のサービスがついた物件を提供するようになってきました。

 

アパマンでも、第三者機関である保証会社と提携することで、賃貸契約ができる物件を数多く提供しています。借主は保証会社に一定の保険料などを支払う必要がありますが、連帯保証人が見つからないことで部屋を借りることができないという悩みを解決することができます。また、アパマンでは24時間駆けつけサービスを提供しています。鍵をなくしてしまって家に入れなくなってしまったときや、蛇口からの水漏れなど初めての一人暮らしでは戸惑ってしまうようなトラブルに対応してくれるものです。部品交換が必要な場合には実費が必要ですが、電話をするだけでサービススタッフが駆けつけてくれるのは心強いといえるかもしれません。

 

 

・ITシステムに力を入れることで実現したこと

 

社長である大村浩次がアパマンショップの躍進のためにITに力を入れてきたことは、数々のサービスを手軽に利用できる仕組みへとつながったようです。保証人代行サービスやサポートサービスは、自分で別々に契約するとなると手間も時間もかかります。不動産業界にはなかったサービスもITを活用することで、お店に行くだけで簡単に複数のサービスを申し込むことができるようになりました。大村浩次が他業界との提携や業務の一部を内製化することに尽力してきたことも、不動産業ができることの幅を広げただけでなくユーザーのニーズに応え、時代に合わせたスピーディーさを実現することのできる大切な働きかけだったのかもしれません。

 

世の中のあらゆることが便利になっていくと手間がかからないことや、スピードといったものが重視されるようになってきました。面倒な手続きが一カ所でできるという仕組みは、スピード感が必要な現代にマッチしたサービスなのだといえるのではないでしょうか?